秋田県自動車ディーラー交通安全推進協議会

平成4年2月に、自動車ディーラーによる地域社会に貢献する交通安全、福祉対策推進を目的として発足した。

交通安全を推進するには、まず自動車販売に携わる従業員自らが交通安全意識の高揚を図るという観点から、会員企業の全従業員を対象にSDカード取得コンテストを実施。第1回目のSDカードの平均取得率は74.1%であった。回を重ねるごとに取得率も向上し、現在では92.2%まで上がり、運動の効果と評価されている。

SDカード取得率の推移

平成8年2月から、交通安全運動をさらに効果あるものにするため、茨城県にある自動車安全運転センターの安全運転中央研修所へ会員ディーラーより従業員を派遣し、安全運転管理者を養成し、交通安全運動に指導的役割を果たし、積極的に活動へ参加している。研修では「安全運転管理課程(4日間)」のコースを受講し安全運転適性検査を活用した個別安全指導技法、運転実技指導等について研修している。

春・秋に実施される全国交通安全運動には会員ディーラーが積極的に交通安全運動活動に参加し、特に、茨城県の安全運転センターで研修を受けたディーラーの社員は、率先して先頭にたって、交通安全活動の指導的役割を果たしている。